【高校生】後悔しないために心掛けること

こんにちは!

ZEROKAMIです。

本題に入る前に、お知らせがあります。
私のブログで大好評頂いていた『定期テスト対策時事問題予想講座』を、今年度の学年末テスト対策版より復活させます!
それに向けて、中高生の皆様に向けたブログ記事も公開していきますので、よろしくお願いします。

企画・制作 ZEROKAMI

さて、皆様は「自分の人生」というものについて考えたことがあるでしょうか?改めて考えたことが無いという方も多いと思います。

「考えたところで、よくわからない」

と思っている方も多いのかな?

社会人2年目の私も、「自分の人生がよくわかっているのか?」と問われたら、答えは「No」です。

しかし、何も考えずに過ごしていると『後悔』してしまうことが多々あります。

今日は、その「『後悔』をしないために心掛けるべきこと」について、語っていきます。


後悔してしまう場面

ここで「社会に出てから・・・」とかいきなり語りだしても、中高生の皆様はピンとこないと思うので、
「後悔の無い学校生活を送るために」という感じで書いていきますね笑

そもそも『後悔』とは、「あのとき、○○しておけば良かった・・・」と過去のことに対して思ってしまうことを指しますよね。過去のことは、これからどれだけ頑張っても変えられません。
という大前提を、まずは理解しておいてください。

後悔しやすい場面

中高生なら、「○○君(ちゃん)のこと、好きだなぁ・・・」みたいに、異性に対して好意を持つと思います。

皆さんは、その人と交際したいと思ったときに、ちゃんと自分の気持ちを相手に伝えられますか?

多くの人が誰かを好きになっても、「もしフラられたらどうしよう…」とか「恥ずかしいよ…」とか、何かと自分の中で理由を作って気持ちを伝えずに時間が流れていると思います。私の体感ですが、高校卒業~進学(就職)の時期で特定の相手と交際している割合は、3~5割ぐらいだと思っています。

ということは、5~7割以上の人は誰かに好意を抱きながらも、何らかの理由で交際するに至っていないということですね。もちろん、自分の気持ちを頑張って伝えたから相手と付き合えるという訳ではありません。例えば、相手の人が別の誰かを・・・という場合は、それは…

しかし、考えてください。男女が交際に至る為には、どちらかがそのきっかけ(告白)を作らなければなりません。
研究者が書いた生物学的な視点からの論文はありますが、基本的に他人が「どう考えているか」は、自分の頭の中でどれだけ考えてもわかりません。つまり、告白して付き合えるかどうかは、告白してみないとわからないということです。

後悔しないためには

では、その『後悔』しないためには、どうしたら良いのでしょうか?

もう答えはわかっていますね?

ちゃんと、相手に自分の気持ちを真っ直ぐに伝えましょう!

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」という言葉を知っていますか?
告白するしないとは意味合いが少し違いますが・・・

告白するときに「緊張する」「恥ずかしい」「フラれたらどうしよう…」等々、誰しもが考えます。しかし、人生は一度きりですよ?

告白して好きな人と付き合う

or

告白せず、自分の気持ちを押し殺して、後々後悔する

・・・あなたは、どちらの方が「自分の人生が充実している」と思いますか?
誰しもが前者と答えるはずです。

繰り返しになりますが、男女が交際に至るためには、多くの場合どちらかがきっかけを作る(告白する)必要があります。人生において、座していてチャンスが巡ってくることはまずありません。成功している人は、例外なく行動しています。

告白すれば、その人と付き合える可能性があります。しかし、逆に考えると告白しなければ、そもそも付き合える可能性はゼロですよ。

しかも、「あのとき、○○に気持ちを伝えていたら・・・」と後々後悔することもあります。

後悔するぐらいなら、可能性に賭けてみませんか?

だって、告白しなければ可能性はそもそもゼロですよ?告白すれば、初めて可能性がゼロから1以上になります。
ゼロに何をかけてもゼロです。しかし、少しでも可能性があるのなら、後悔しないために、自分の人生をより豊かなものにするために、それに賭ける方が後悔しない人生を歩めると思います。

告白した結果、仮にフラれてしまったとしても、それであなたは「何を失う」のでしょうか?
何も失いませんよね?一晩泣いて、寝ればそれで終わりです。

「付き合うことが出来ない」という結果だけ見れば、告白しなかった場合と何も変わりません。そう。告白した場合の最悪の結果は、何もしなかった場合の結果と同じなのです。それが「最悪」ということは、それより良い結果が得られることも少なくないということです。つまり、告白するという行動によって失うものは、何もありません。

何も行動しないということは、自分から可能性を捨てているのと同じです。


このことは、恋愛に限った話ではありません。

何事においても、自分が望む結果を得るためには、それを叶えるための行動。努力が必要です。

私は、短期的には「働いている会社でやりたい仕事任せてもらえるように」、長期的には「好きなことで生きていく」ために、出来ることから少しずつ努力しています。
(自分で「努力している」というのも違いますが…)

最後に

私は、学生時代にそのような後悔をして、たくさん学んできました。その学びは、今の自分の思考に大きな影響を与えています。しかし、同じ後悔を読者の皆様にはして欲しくありません。もう一度、あの頃に戻れるのなら、私は同じ後悔をしないように、行動します。


いかがでしたでしょうか?

次回は、「目標」と「夢」の違いについて、私なりの考え方をまとめたブログを公開します。
お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA