初めての海外(ハワイ旅行③)

今後の「初めてのハワイ旅行」シリーズ


さて、ようやくハワイに到着したわけですが・・・

私にとっては初の外国です。今回のブログでは、初めて見た・感じた異国の地について書いていきます。

最初から驚きの連続

入国する前に「入国審査」がありますよね。海外が初めてな私にとっては、初の体験です。

私たちより前の列を見てみると、たくさん並んでいるのですが、日本からの修学旅行生の姿もありました。高校の修学旅行で海外に行けるということは、私立かな?

結構長い時間並んで、ようやく私の順番が来ました。

「英語喋れないよ~…」と思っていたのですが、全て日本語で大丈夫なんですね~(笑)
ここで驚いたのが、「指紋を何回かに分けて機械で読み取る」ことと、そのブースを覆うガラスの分厚さです。特にガラスに関しては、防弾ガラスなのでしょうか?厚さが1㎝ぐらいありましたね。

そして、当然ながらハワイはアメリカ合衆国領なので、公用語は英語ですよね。だから、飛び交う言語が英語・・・ということも、「異国に来たんだな」と感じさせる要素の1つだったと思います。

体感では、日本人よりも中国人の方が多い印象でしたが、看板は英語+日本語が多くあった気がします。
中国人は英語が実用レベルで出来る人が多いのでしょうか?


右側通行

アメリカの車は日本とは違って左ハンドル・右側通行ですよね。だから、空港→ホテルまでのバスでも、違和感がありました。

今回はJALパックで行ったので、ダニエル・K・イノウエ国際空港からワイキキ地区にあるホテルまでの送迎サービスが付いています。写真は、その車中から撮った1枚です。

ここで驚いたのが、車線を区切るラインが引かれていないことです。日本の大通りだと、車線を区切る白線がハッキリと引かれていますよね。ハワイでは、一定間隔で突起物が埋め込まれているだけで、ラインが無い道路も多かったです。

空港⇔ホテルのバスなどは、日本でいうマイクロバスのような車両でした。しかし、現地のバスは自動車のようにエンジンが車体最前のボンネットに収まっていました。アメリカでよく売れているらしい、「ピックアップトラック」の荷台を大きくして客室を取り付けたみたいな感じでした(笑)


今後の「初めてのハワイ旅行」シリーズ


次回からは、現地での観光してきたことに関して書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA