半年が経過しました。

イチタです。

推し様(以下:iNaRi)と出会って半年が経過しました。
ということで、今回はその振り返りをしていきたいと思います。

ぜひ最後までお付き合いください!


iNaRiとの出会い

iNaRiを始めて見たのは、YouTubeの動画が最初です。

しかし、感想は「お~!なんか可愛い子だな~」でした。
このときは、まだコンカフェというものに興味が一切無かったので、ただ「可愛い子」ってだけで、それ以外何も思いませんでした。

その後、数か月の時間が経過し・・・TikTokのライブ配信で、再び出会いました。
この配信が、彼女をiNaRiとして認識したタイミングです。

見た目もさることながら、配信で話していた様子や内容に、引き込まれました。
そして気が付いたら・・・遠隔ww

@ichita_150_ 推し様の開栓動画①ーブログ埋め込み用 #コンカフェ #はじめまして #梅田コンカフェ #qooai梅田 推し様→ @inari._.17 ♬ オリジナル楽曲 – 🦊🍣イチタ/ichita🦊🍣

この日、「いつかはQooai梅田店へ足を運び、iNaRiに会いに行こう」と決めました。
ちなみに、色んな配信で「初見」とコメント打つと、1/4の確率で「イタチ」と呼ばれることがあります。iNaRiも例に漏れず「イタチ」と呼んできましたw今でも覚えている最初の思い出ですね!


iNaRiとはじめまして

コンカフェの配信で「いつか行く」は、高確率で来ることは無いそうです。
だから、本当に行ったときは、その時点で結構喜んでくれて大歓迎してくれたのを今でも覚えています。

私が11月30日に公開したブログでiNaRiのことにも触れました。その中で、「青い制服の方が好き」と書きました。それを覚えてくれていたらしく、初回時から今に至るまで、私が行くときは絶対に「青いなり」で迎えてくれます。そういうところ好きです👍

で、本題に戻りますが、初回来店時ですね。初めて行くコンカフェの扉を開ける瞬間って、とても緊張しませんか?Qooaiのときも、めちゃめちゃ緊張したのを覚えます。

扉を開けた瞬間目が合ったのが、iNaRiでした。その時の感想・・・

「動画のまんまだ!!」

でしたね。
とても元気に笑顔で話してくれました。というと、「コンカフェ嬢なんだから(以下略」と言われることもありますが、彼女はそれに加えて「話題展開」「距離感の詰め方」「会話の間」「ロジカルな話し方」・・・これが全てにおいて私好みだったんですよね。この4つの要素が合わなければ合わないほど、その会話が面白いと感じにくくなります。

そして、iNaRi初のQooaiオリシャン青を頂きました!

@ichita_150_ 推し様の開栓動画②-ブログ埋め込みよう #コンカフェ #梅田コンカフェ #qooai梅田 #推し 推し様→ @🦊iNaRiやで🍣 ♬ オリジナル楽曲 – 🦊🍣イチタ/ichita🦊🍣

iNaRiが、私のこれまでの中で一番記憶に残っていることは?という問いに「このときの青オリシャン」と答えてくれるぐらい喜んでくれたのは、とても嬉しかったです。
このときのiNaRiの喜んでくれた様子を見て、「推そう!」と決めました。

※TikTokにあげている動画を消せてと言われたら削除するので悪しからず

とあるゲームの国内最大級の大会で優勝したとき・・・「おめでとう!」とDMくれたのは嬉しかったです!今でも忘れません!


あけおめ~バレンタインイベント

年明けからバレンタインイベントまでが、1つの区切りです。
この頃は、関東・関西で推しが1人ずついる状態でした。

バレンタインデー当日に、いい歳の可愛い女の子に出勤リクエストするとい”非常識”にも応じてくれたおかげで、Qooaiのイベントに初参戦しました!

普段はフードメニューなんてものはありませんが、このイベントだけは別!
最終的に遠隔でもたくさん飛ばしたので、推し様は無事に「オムライスランキング1位」を獲得できたみたいwそのうち半分ぐらいは私からです!!!

バレンタインイベント時もiNaRi、めっちゃ可愛かったので、ツーチェキ撮れば良かったのですが…話が面白すぎて「ずっと話していたい」が勝つので、今回も忘れてたというか何というか。

この日が「iNaRiしか」になった瞬間でした。


iNaRiしか勝たん

バレンタインイベントが、「いなりしか」になった日でした。
たぶん、この頃からかな?iNaRiのお客さんの数自体がかなり多くなってきたと感じました。波に乗り始めた頃ですかね!

3月、初めてツーチェキをお願いして撮ってもらいました!
このチェキは、今までに頂いたチェキの中で・・・私にとって特別な1枚です。

その他のエピソードとして、ここに書くようなことはありませんが・・・

iNaRiの最後のオリシャンは、私が頂きました!
在庫が1本だけ残っていたのを知った私は、秒速でDMを飛ばして確保しました。

てか、「いつも青オリシャン頼んでるし、これだけ推しているのだから、1本どう?とか提案してきてよ」と初めて推しに「注文」したのはこのときだったかなw

何はともあれ、最後の最後にオリシャンゲット出来たので安心しました!
推しているのに、推しのオリジナル持っていない・・・あり得ないことでしょう。

ラスト1本をゲット出来て本当に良かったです。


本当に色々あったけど、

詳細は絶対に公開しませんが、ここ数ヶ月は色々ありました。
だけど、それらについてお互いが納得出来るまで話しました。その中で、iNaRiが考えていることも理解できたし、逆に私の考えていることも伝わったと思います。

キャストと客というリアルとは別の関係値かつ、何でも話して良いと思えるぐらい信用しているが故に、今の私にとって必要な人の1人です。


たまに、「ガチ恋勢?」と聞かれることがあります。
これについて、明確に「YES」「NO」と答えるためには、その定義を整理する必要があります。
今回の記事の趣旨とは異なるので、結論だけいうと・・・「NO」だと思っています。強いて言えば、「ガチ勢」といったところでしょうか。

もちろん、iNaRiのことは好きだから推しています。だけど、私が推しているのは「Qooai梅田店のiNaRi」です。そう。キャストさんとしての彼女なんですよね。
プライベートなことはほとんど知りません。私が恋愛感情を抱くためには、そこを知る必要があります。そして、プライベートを知った場合に考えられる選択肢は2つです。

「推しから恋愛対象へ」か「幻滅してさよなら」かです。
キャストと客として出会ってしまったからには、前者はほぼあり得ません。つまり・・・知って良いことって1つも無いんですよね。だからこれからも聞くつもりは無いです。繋がりも同様ですね。


生誕祭が楽しみすぎる件

推しが初めて「○○(高額ボトル)が欲しい」と言ってくれました。
二十歳になる生誕ということで、つまり「お酒解禁」という訳ですね!これまでは、推し様に合わせて「アルコール封印」してきましたが、それも6月の1回が最後ですかね。

これまで、生誕祭で何が出来るか・・・サプライズや予算など…色々考えてきました。
残念ながらサプライズ計画は諸事情で崩れましたが、それでも満足出来る内容でまとまりましたので、あとは・・・楽しむだけですね!!


最近決めたことが1つあるんですよ。
いつか叶うと良いですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA