2017年の8耐の私的注目チーム!

こんばんは!

 

 

いよいよ、鈴鹿8耐が近づいてまいりましたね!

 

今年の8耐は・・・熱くなりそうですね!!

 

 

ということで、私が注目しているチームをいくつかご紹介していきたいと思います。

 


YAMAHA FACTORY RACING TEAM


2015年にファクトリー体制で8耐復帰を果たし、翌2016年には連覇を果たした、今年の8耐の最有力候補だ。ファクトリー体制・・・つまり、ワークス体制での参戦は、この「ヤマハファクトリー」と「YART ヤマハ」だけだ。つまり、ヤマハ勢だけが、企業として8耐に参戦している。

 

ヤマハのエース中須賀や世界で戦う強いライダー3人で戦う。

監督は、全日本のファクトリーチームで指揮を執る吉川和多留。マシンは、過去の2大会で収集した情報をもとに、信頼性、燃費効率、走行性能など、鈴鹿8耐で必要となるあらゆる要素を進化・熟成させたファクトリーマシン「YZF-R1」。「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が3連覇を達成、その真価を世界に証明する。

参考:https://race.yamaha-motor.co.jp/sp/suzuka8h/factoryteam/2017/21.php

 

登場時に見せた圧倒的燃費と信頼性・速さは、今でも鮮明に覚えています。以来、すっかり私はヤマハファンになってしまいましたw

今年も勝って三連覇

と言いたいですが、そんなに簡単な事ではありません。私が望むことは、ちゃんと完走し、ファクトリーチームらしい走りを見せてほしい!ということです!

 

YAMAHA8耐特設ページ:https://race.yamaha-motor.co.jp/sp/suzuka8h/

 

 

2015年ダイジェスト

2016年ダイジェスト


モリワキMOTULレーシング


 

大きな節目を迎える第40回記念大会に臨むにあたり、2016年よりモリワキは全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに復帰。長いブランクを埋めるべく、2016年よりマシンとチームの熟成を図って参りました。
2017年にはマシンも新型になり、さらに戦闘力が高まった”Honda CBR1000RR モリワキ改”で鈴鹿8耐の頂点を目指します。

公式サイト:http://www.moriwaki.co.jp/racing/2017/8hour.html

と公式サイトにあるように、あの名門「モリワキ」が復活し、8耐の頂点を目指すようです。私は、モリワキの8耐を知らない世代なので、楽しみですね!清成選手もここから走るみたいなので、楽しみです!

MORIWAKI MOTUL RACING - 清成龍一

画像サイト:http://www.honda.co.jp/Racing/race2017/8hours/testreport05/?from=copy

au&テルルKoharaRT


au&テルルは、全日本ロードレース選手権シリーズJSB1000クラスを中心に活躍しているチームです。あのHRC開発ライダーを務めた秋吉耕佑選手も所属しています。ワークスマシーンではないですが、秋吉選手の走りは健在です!

ぜひ、表彰台の頂点を目指して頑張ってほしいですね!

画像サイト:http://teluru-au-koharart.jp/machine.html

秋吉選手の走り!

 

異次元の低速コーナーへの突っ込み!

ライダー目線!

今年も期待したいですね!


この動画も見ておきたい!

 

 

では、熱い8耐を楽しみにしつつ、このへんで!

また次のブログでもお会いしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA