からしの原料って何?マスタードとの違いは?

こんばんは!

 

 

 

さて、皆さんは「からし」使いますか?

 

おでん・・・にくまん・・・これからの季節、美味しくなってきますよね!それらには、「からし」を付ける人が多いと思います。

からし・・・独特の辛さを持った黄色の練ったやつ・・・・・・

 

 

しかし、皆さん考えたことありますか?

 

からしの原料ってなんだ?

 

ワサビなら・・・

 

唐辛子は・・・

 

っていう感じに、言われたらそのものを「パッ」と頭の中に思い浮かべることが出来ますよね?

 

 

しかし、「からし」って・・・

 

思い浮かべるのは、こういった「製品」であって、原料は・・・何故か頭に「パッ」と浮かばないですよね・・・?

 

練った「からし」は、普段食べているのに・・・その原料が分からない

 

 

何かモヤモヤしていたので、調べてみました!!

 

 


そもそも「からし」には、『和からし』と『洋からし:いわゆるマスタード』の2種類あります。私たちが普段「からし」と読んでいるものは『和からし』と呼ばれるものです。

 

 

和からし・・・

原料であるセイヨウカラシナという植物は、中央アジア原産のカラシナがインド・中国を経由して、日本に入ってきました。『和からし』とは、その種子を粉末にした「粉からし」を水またはぬるま湯で練って作られるもので、通常はそれ以外の成分を含みません。

セイヨウカラシナ

画僧元:リンク

生態については、「画像元:リンク」をお読みください。

 

・・・こんな植物の種だったとは・・・驚きですよね!!

私は、ワサビ的なものをイメージしていました。ところが・・・

まさかの種w

 

いや~勉強になりましたよw

 

 

ちなみに、細かいことを付け加えておくと・・・

ねりからしは、油脂や増粘剤などによって辛み成分を安定させ、人工的なカラシ香味成分を配合したものである。 焼肉等に添付するためのプラスチック包装の商品は業務用として1950年代から存在したが、1970年にはS&B食品から家庭用のチューブ入りねりからしが発売された。 粉から練った和がらしや、伝統的な製法のマスタードとはかなり異なるものであるが、その手軽さから広く普及し、現在では日本で消費されるからし類の大半を占めるに至っている。

参考:Wikipedia

 

らしいです!

 

では、この流れで『洋からし』について触れておきます。

『洋からし』とは、からしに酢や糖類・香辛料を混ぜ込んだ「複合調味料」のようです。よく、ホットドッグなどにかかっている絵を思い浮かべてしまいますw

 


からしは、油っぽい揚げ物に付けたりすると、味が締まりますよね!また、サンドイッチなどにからしマヨネーズが塗ってあると、これまた良いアクセントになります!!

マスタードは、私個人としてはソーセージに付けて食べるのが好きです!!ちなみに、粒マスタードの方が好きです!!

 

 

今の季節は、食欲が落ちたりして「夏バテ」になりがちですが、ピリッとした食欲の出る食べ物をバランス良く食べて、厳しい夏を乗り切りましょう!!あと二か月の辛抱です。あと二か月もすれば、涼しくなってきます!!

 

 

では、このへんで!

また次のブログでもお会いしましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA