LAWSONのラーメンがリニューアルしたので食べてみたよ

こんばんは!

 

 

 

 

ZEROKAMI AKIRAです。

 

 

 

先日リニューアルしたばかりの、LAWSONのラーメンを食べてみました。

 

 

『SUSURU TV.』で紹介されていましたので、少し気になっていたんですよね。


私は”ラーメン大好き人間”なので、ラーメンに関しては厳しいです。

美味しいものには「美味しい!」と言いますが、それ以外のものに関しては、リピートはしません。

基本、ラーメン屋さんへは親と行きますので、食べ終えてお店を出た後、車中で「ここは美味しくなかったな…もういいわ」と言っちゃいます^^;

 

 

私のラーメンの評価ポイントは・・・

・値段

・スープ

・麺

・チャーシュー

・その他トッピング(全体としての相性)

 

 

ということで、早速食べていきましょう!

 

『味噌ラーメン』

 

まずは、重要な値段です。 約500円ですね。

 

ということは、カップ麺より美味しいことは当然として、食堂レベルのラーメンと争えるポテンシャルが必要になってきますね。





渾身の一杯・・・なかなか期待できそうなワードがありますね!!

 

 

チーーン!!

 

 

出来上がりました。後入れ?の一味唐辛子を振りかけました。 香りと見た目は、悪くありませんね。

チンする前にも思いましたが、結構野菜が入っているというのは、ポイント高いです!!

 

まずはスープから

 

 

ズルズル・・・

 

 

おぉ〜!悪くないですね!美味しいです!! あっさりタイプの味噌スープですね。私はコッテリ派なのですが、これはこれで美味しいと感じました。一味唐辛子が良いアクセントになっています!!

 

お次は麺ですね。ラーメンと言うからには、”メン”も美味しくないといけません!!

 

ズルズル・・・

 

ん?

 

 

もうひと口

 

 

ズルズル・・・

 

 

うーん…微妙… 今まで「コンビニのチンするタイプ」のラーメンを食べたことがありませんので、平均が分かりませんがこれなら、ラ王とかの麺の方が美味しいです。 何が悪いのかっていうのは、言葉では表しにくいのですが… 味は悪くないんですよ。ただ…食感が5分経っても残るように・・・と麺の開発には力を入れられたようですが、ラーメンの麺の食感ではないですね… 確かに”食感”はありますよ。でもね…ラーメンの食感よりは、ボソッと言いますか…(語彙力乙w)


全体としての個人的評価

 

スープの味は、同価格帯のお店のラーメン等と比較しても、ほとんど劣らないレベルだと思います。

 

麺に関しては、お店の麺と比較するまでもなく、カップ麺と比較してもどうだろ…という風な感想を持ちました。たしかに、最近は中太ちぢれ麺を食べていませんでしたが、それでも…お店のそれはこんな感じじゃなかったはずです。(麺自体の味は悪くないです)

 

その他中身に関しては、約500円という強気の値段設定だけあって、野菜の量は満足です。そして、その食感も悪くありません。 (個人的には、チャーシューが大好きなので、それが無かったのは少し寂しかった(TT))

 

そして、パッケージですね。『渾身の一杯』というのは、目に入ったら「つい買いたくなる」と思います。(思いましたw) だだ、1点指摘するならば…細かいことですが、 製造過程のマニュアルで、どのように規定されているのかは知りませんが、

ここの文章はせっかくプリントしてるんですから、被らないようにシールを貼るべきだと思います。


「コンビニのチンするラーメン」だからと言っても、やはり他の形態との勝負には、当然ながら巻き込まれますよね。そうすると、コンビニに並んでいるカップ麺と比較して数倍の値段設定な訳ですから、その分美味しくないと買いたいとは思いませんよね。

 

そう。

 

「あの日清のラ王シリーズよりも美味しい必要がある」ということです。

 

という感じで、「LAWSONの新しくなったラーメンを食べてみた」でした。


ラーメン好きの私が、今回食べた商品をリピートするかと聞かれれば・・・「しません」とお答えします。 このブログをLAWSON担当者様がご覧になったら、どんな感想を持たれるのか…怖いところではありますが…^^; カップ麺の数倍の値段ですからね…最近のカップ麺は、どんどん美味しくなってますので、それにコンビニのラーメンが追い付くことを期待して・・・





今日はこのへんで!

また次のブログでお会いしましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA